借地権の新法と旧法

平成4年8月1日に借地借家法が新たに施行されました。借地権の新法が出てきたことによってそれまでの旧法である借地権やそれにともなう借家法、建物保護法は廃止されました。

借地権借地権の新法が出てきたからと言ってそれまで使用していた旧法が全く適用されなくなるわけではありません。平成4年8月1日以前に成立していた借地権は旧法に基づいて適用されます。つまり、新法の適用があるのは平成4年8月1日以降に契約した借地権のみです。

旧法の借地権は借地人の権利が強く地主には不利な内容でした。そのため、バブル期に地代が跳ね上がったことによって旧法では地主にかなり不利になっていたのです。これを是正しなければならないとかんがえに至ってできたのが新法です。しかし、新法ができたと言ってもすぐにすべてを新法に変えるのではなく、借地人の不利にならないよう1992年以前の借地は、旧法が適用されます

新法による契約の更新の場合、1回目が20年、2回目以降が10年となります。また両社間で契約期間をもっと長くしたいと話し合いが行われ両者が納得をすれば、長い期間の契約も可能です。旧法の場合には、堅固建物が30年、非堅固建物が20年と決まっています。ちなみに、旧法と新法のどちらの場合でも、契約更新する場合、借地上に建物のあることは最低条件となっています

新法と旧法にはいくつもの違いがありますが、ここでは、新法と旧法の両者の違いについて説明しています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket